« 仁王 目次 | トップページ | オーバーウォッチ 目次 »

2016年5月 1日 (日)

仁王 α体験版をやってみた


仁王 タイトル.jpg

仁王

α体験版


お疲れ様です!!( ・ω・)y-
長年待ちわびていた「仁王」のα体験版が来てたのでプレイしてみました。
内容はα体験版のものなので、製品版ではかわるかも。


ざっくり概要

「戦国死にゲー」まさにそんな感じ。
場所は日本。主人公は外国人。戦闘スタイルは侍(?)
敵は兵士・隠密・妖怪・鬼など。

高難易度のアクションRPG (TPS)、ハクスラ要素あり。

キャラの成長要素、装備の重量による移動速度などの変化、ステータス値による武器攻撃力の変化などは、ソウルシリーズ。
社で拝むとHP全回復・回復アイテムが補充され、敵が再配置される。(一部の強敵は1度倒すと復活しない)

武器は刀・槍・斧の3種類。
さらに「上段」「中段」「下段」の構えがあり、構え毎に攻撃モーションやダメージなどが変化する。
 

 

スクリーンショット色々

仁王 ステータス画面.jpg
ステータス画面
LVUPで体・心・剛・武・技・忍・呪・霊の基本ステータスを伸ばすと関連するステータスが上昇する。


武器の詳細
武器の名前の色はレアリティで変化。
レアリティが高いほど付与される特殊効果の数が増える。
特殊効果は個体ごとに違う。
装備条件はステータス。

仁王 弓ヘッドショット.jpg
弓のヘッドショットで大ダメージ!!

仁王 主人公.jpg
主人公

仁王 社.jpg


仁王 一つ目.jpg

仁王 鬼と月.jpg

仁王 落命2.jpg
YOU DIED
猪武者はたやすく命を落とす。目配りを怠るなかれ。時には退くも兵法なり。

仁王 多勢に無勢.jpg
多くの敵を一時に相手取るは、己を危地に落とす下策と知るべし。善く戦う者は勝ち易きに勝つ者なり。

仁王 仁王先輩.jpg

仁王 シブサワコウ.jpg
遊び心 ( ̄ー ̄)
 

 

難易度

あくまで私の個人的な感想ですけど、仁王独特の戦闘に慣れるまではかなり難しい。
慣れれば、ほどよい難易度。
キャラの成長や武器のハクスラ要素もあるものの、適当にボタン連打してるだけだとすぐ死ぬ。

戦闘の基本的な部分は、気力(スタミナ)管理、ガード反撃、回避反撃、弓で誘き出す、高火力で即死コンボ、高所から落下攻撃などなど、他のアクションRPGと変わらない。
 

 

仁王独特(?)と感じたもの

ガード中の移動速度が遅い
敵をロックしてても追尾性能が低く空振りする
敵をロックしてても「後ずさり」にならず背中を見せてしまう
敵をロックするとカメラが真後ろに来てしまい、自キャラと被って敵のモーションが見えなくなる
攻撃を受けるとHPと気力の両方が減る
攻撃を受けたときの怯みが長め
上段構えはステップがローリングに変化
回復アイテムを使用すると納刀状態になる
 

 

動画

怨霊鬼(ノーダメ) 使用武器:斧→刀
鵺(ノーダメ) 使用武器:槍
 

 

>
>>仁王 目次


« 仁王 目次 | トップページ | オーバーウォッチ 目次 »

仁王」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2063595/65256782

この記事へのトラックバック一覧です: 仁王 α体験版をやってみた:

« 仁王 目次 | トップページ | オーバーウォッチ 目次 »